PMS対策110番|あなたの生理前症状を変えるサプリ特集

PMS対策110番|あなたの生理前症状を変えるサプリ特集

PMSとは?月経前症候群の具体的な症状と対策方法を解説!

イライラ、もやもや、なんだかだるい…。生理前になるとこんな不調がおこることはありませんか?女性の80%が感じるという生理前の不調。実はそれ、女性にだけ起こるPMS(月経前症候群・生理前症候群)かもしれません。生理の前に決まって調子が悪くなる場合、ただの偶然ではなく、PMSによる症状の可能性があります。

わたしもPMSかも?よくある症状をチェック!

でも、PMSの症状ってなに?だるさやイライラなど、症状とはいえないような…と思っている方は要チェック!PMSは色々な症状として現れます。今まで我慢していたあのイライラ、あの痛みも、もしかしたらPMSのせい?PMSに多い症状をチェックしてみましょう。

こころの不調

  • イライラする
  • 憂鬱になる
  • 落ち込みやすくなる
  • さみしい気持ちになる
  • 集中力がなくなる
  • ケンカになりやすくなる
  • なぜか涙がでて泣いてしまう
  • つらいことを思い出してしまう

からだのの不調

  • 肌荒れする
  • ニキビができる
  • 便秘・下痢になる
  • 頭痛がする
  • 吐き気がする
  • 腰が重くなる
  • 食欲が旺盛になる
  • 無性に甘いものが食べたくなる
  • 眠くて仕方なくなる

とにかく身体の調子が悪くなる方、精神面でいつもと違う気持ちになってしまう方…PMSの症状は人それぞれ。これ、あるある!と思った方も多いはず。症状のでかたはさまざまで、その数はなんと200種類以上とも言われています。

ここで診断!PMSの見分け方

これだけ多くの症状があると、本当にPMSなのか、たまたま具合が悪くなったのかわからないですよね。これってPMSかな?と思ったら、まずはその症状がおこる時期やサイクルを確認してみましょう。きまって生理前に症状がでるようだったら、それはPMSの可能性大。 専門的には“月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ないし消失するもの”とされています。

PMSの特徴は、生理まで調子が悪くて、生理が始まると症状が解消するというところ。チェックに当てはまる症状がある人は、まずは時期を確認しましょう。

PMS対策は早めに!年齢とPMSの関係

調子が悪くなる時期を意識してみると、確かにずっとそうだったかも!と感じる方も多いはず。実は、PMSは生理と同じくらい長いお付き合いになる不調。PMSは早くて18歳頃からあらわれ、最も症状が重くなるのが30代といわれています。特に、20代よりも精神的な不調が出やすくなるのが特徴です。
30代になると、育児や仕事でつい自分のケアは後回しになりがち。いくらPMSや生理痛でつらくても、そうそう休めない都合もたくさんありますよね。 ストレスや栄養不足など、生活習慣もPMSに大きな影響を与えます。つらい症状をそのままにしておくと、どんどん症状が悪化してしまう可能性も…。


そのため、PMSに気付いたら、我慢しないでできるだけ早く対策をすることが重要。症状が重くなってしまう前に、早めに予防や対策を始めるのがベストです。

PMSの症状は年々重くなっていく場合も。ストレスや疲労が溜まりがちな現代女性の毎日はPMSの天敵だらけ。つらいな、と思ったら早めに対策を取りましょう。

PMSはサプリで対策!口コミで人気のサプリ特集

早めの対策を、とはいっても、いきなり婦人科などの病院に行くのは不安という方も多いはず。実際、病院に行くほどでは…と我慢している方がほとんどなのが現状です。女性特有の不調で、さらに症状も色々となると、確かに病院には行きにくいかもしれません。
病院に行くのは嫌だけど、PMSはなんとかしたい…そんな時に役に立つのがPMS対策用のサプリメントです。PMSの原因に働きかけるものや、イライラや腹痛などの症状を和らげるものなど、いろいろな種類が発売されています。最近ではPMS専用のサプリも種類が増え、PMSの症状で悩む人の強い味方になってくれます。そんなPMS対策サプリの中から、口コミなどで人気のサプリをピックアップ。効果の高いものを集めてみました。

ルナベリー

PMSに効くと言われているサプリの中でも、特に人気があるのがこちら。PMS改善に効果があるチェストベリーに加え、イライラや肌荒れ、貧血に働きかける栄養素をしっかり配合。PMSの原因となるホルモンバランスを整えながら、つらい症状も和らげてくれるお助けサプリです。

ルナベリーの詳しい情報はこちら

PMSはどう治す?原因と対策方法

PMSの大きな原因はホルモンの変化です。そのため、女性ホルモンのバランスを整えることで症状が改善されます。女性ホルモンの動きは少しややこしいですが、原因を知ることで対策がグッとしやすくなります。何より、「○○のせいだから」と思うことで精神的な余裕ができる場合も。自分の不調がどこから来るのか、原因となるホルモンについて見てみましょう。

排卵後の黄体期には、エストロゲン分泌が低下し、プロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。その後、生理の直前には両方のホルモンの分泌が低下。PMSの症状には「エストロゲンの減少」「プロゲステロンの増加」「プロゲステロンの減少」の3つが関わっています。

エストロゲンが減少すると…

・しあわせ物質セロトニンが減少する
・肌の調子が悪くなる

プロゲステロンが増加すると…

・水分をためこみやすくなる
・皮脂の分泌が増える
・眠気がおきる ・基礎体温があがる
・乳腺が発達する
・血糖値が上がりやすくなる

プロゲステロンが減少すると…

・セロトニンが減少する

ホルモンはバランスが大切

では、プロゲステロンが少なくてエストロゲンが多ければいいかというと、実はそれもNG。どちらのホルモンも、増えすぎたり減りすぎたりするのはよくありません。排卵後はプロゲステロンがエストロゲンより多いのが正常な状態のため、このバランスが逆転した場合もさまざまな症状の原因となります。

つまり、ホルモンはむやみに増やしたり減らしたりするのではなく、上手にバランスをとることが何より大切。そのため、PMS対策のサプリでは特定のホルモンだけを増やすのではなく、しっかりバランスを整えてくれるものを選ぶのがポイントです。

PMSを対策する漢方・ピル・薬とサプリの効果の違い

その他のPMS対策としては、病院で処方されるピルや漢方があります。ピルはホルモンの状態を人工的にコントロールすることで、漢方は体質に総合的に働きかけることでPMSを和らげます。サプリ・ピル・漢方の効果の違いを見ていきましょう。

PMSの治療に使われるピルの効果

ピルというと避妊のイメージが強いですが、PMSの対策として処方されることもあります。 ホルモンの変化が小さくなるので、ホルモンバランスの変動が原因のPMSに効果が見込めます。ただし、身体がなれるまでの数週間~数ヶ月は副作用が出ることがあり、場合によってはPMSと同じような症状に悩んだり、悪化したように感じてしまうことも。また、妊娠の確率が下がるため、妊娠を希望する方には不向きな治療法です。

→PMSの治療にピルを飲む時の注意点

PMS対策に使われる漢方薬の効果

未病や婦人科系の強いと言われる漢方にもPMSに効果が期待できるものがあります。漢方はひとつの薬でさまざまな症状に対応できるのが特徴。そのため、イライラや頭痛、むくみや冷えなど、複数の症状が1種類の漢方薬で改善されることもあります。
その反面、人によって大きく相性が異なるため全く効果が感じられない場合もあります。薬局などで市販されているものもありますが、漢方を扱う中医学では症状だけではなく、一人ひとりの体質を診て処方するため、しっかり改善したいなら専門医の診断が必要です。さらに、本格的なものだと保険が効かず薬代が高くつくことも。

PMSの基礎知識についてまとめました。

PMS改善のための方法はこちら。

PMSとも関係?生理中の辛い症状は改善できる?

PMSと生理痛(月経困難症)は厳密に言うと違うものですが、PMSで悩む方は生理痛にも悩まされていることが多いようです。生理前はPMSでイライラ、始まると今度は生理痛がつらい…そうなると、1ヶ月の半分は悩みを抱えていることに。
実は、生理痛も主な原因はホルモンの働きによるもの。その他にもストレスなど、PMSが悪化する原因と共通するものが多いのです。そのため、PMSのケアを始めるとひどかった生理痛がラクになる場合も。

PMSと合わせて撃退したい生理痛対策について特集しました。

→生理の悩み解決特集