生理中にお腹が痛くなったり下痢になるのはなぜ?

生理中に起こる下痢・腹痛の原因と対策法

生理前はなんでもないのに、生理がきた途端お腹が痛い!ぐるぐるなって下痢気味になる…でも、一体コレってどうして?
実は、生理前は便秘で生理がくるとお腹が下るという女性は結構多いもの。中には生理痛+腹痛で、1日目はずっとトイレにいたいくらいという方もいるくらいです。生理とともにやってくるこの腹痛、一体原因は何なのでしょうか?生理中のおなかを守るべく、原因と対策を調べてみました。

腹痛の原因はこれだった!

生理がくるとお腹が痛くなるには、実はちゃんと原因があります。まずは、生理中に分泌される「プロスタグランジン」という物質。この物質は経血を排出するため、子宮を収縮させる働きがあります。厄介なことに、その作用が働くのは子宮だけではなく、腸にまで影響を与えます。腸も一緒に収縮するため、お腹が降りやすく鳴ってしまうのです。
さらにこのプロスタグランジン、生理痛の原因にもなる、痛みを強くする物質でもあります。生理中の腹痛は「腸の収縮+痛み増加」のダブルパンチで引き起こされているのです。

お腹が緩いのはなぜ?下痢の原因

生理の前には、今まで溜め込みモードの身体を作っていたプロゲステロンというホルモンの分泌が減少します。そのため、プロゲステロンのせいで起きていた便秘状態が解消され、おさえられていた腸の運動が活発に。そこに先ほどのプロスタグランジンが腸を収縮させるので、下痢が起きやすくなります。

生理中の腹痛・下痢はどう対処する?

では、生理中の腹痛対策はどうすればよいのでしょうか。よく言われるのが、とにかく冷やさないようにすること。暖かい毛糸のパンツをはいたり、カイロを当てて暖めるのがよいと言われています。…とはいえ、それだけではなかなか治まらないことも。
そこで、次の生理までに用意しておきたい生理中の腹痛・下痢によく効く薬をまとめてみました。


生理中の腹痛用!?女性用のストッパエル

下痢に早く効くといえば有名なのがストッパ。水なしでのまえる上によく効くので、いざというときのために持ち歩いている方も多いはず。実はそのストッパに、女性の生理中用の商品があるって知っていましたか?その名も、「ストッパエル」。通常の下痢止めの効果に加え、冷えや婦人病にも使われる生薬であるシャクヤクエキスを配合。女性に嬉しい処方になっています。

鎮痛剤が効く?生理中の痛み止めの選び方

先程も触れたように、生理中の腹痛の原因はプロスタグランジンという物質です。通常の場合、腹痛は頭痛や生理痛などの痛みとは仕組みが違いますが、プロスタグランジンのせいでお腹がいたい場合、痛み止めの薬が効く場合もあります。
ただし、この場合は痛みに対抗するには痛み止めの成分選びが重要。プロスタグランジンの生成を抑えるのは、イブプロフェンやロキソニン系のため、それらの成分が含まれた痛み止めを選びましょう。また、収縮を緩和するタイプの鎮痛剤も有効です。ブスコパンなどに配合されるブチルスコポラミン臭化物という物質は収縮をおさえてくれるため、生理痛や腹痛に効果的を発揮します。
そして、この2つを両方配合しているのが生理痛専用薬「エルペイン」。生理痛&腹痛のダブルパンチに悩む方は、ぜひ試してみてくださいね。